葬儀業者の基本情報

線香

そもそも葬儀の歴史とは?

葬儀の始まりは、旧石器時代と言われています。その時代には亡くなった故人を葬る儀式を行なっていたそうです。しかし日本では、葬儀は悲しいことと思われています。ですが他国では、まったく逆で「故人の新たな門出」としてまるで祭りのように、明るく盛大に葬儀をする国もあります。日本では葬儀の形式も変わり家族葬など親近者のみの葬儀や、友人知人が訪れる一般葬があります。これらの葬儀方法は東大阪や奈良、世田谷や宮前区でも選ばれる種類です。

葬儀業者の必要性

葬儀行う上で大変なのが、葬儀の準備です。葬儀の受付や式場選び、役所への手続きなど、1家族で行うには多くて大変です。ですが、葬儀業者は今説明した事はもちろん、返礼品の準備、霊柩車やマイクロバスの準備、会葬礼状の作成など、様々なことを代行してくれます。亡くなった悲しみで、精神的にツライのに、葬儀の準備で肉体的にも疲れてしまうのはとても大変です。故人も遺族には楽しくして欲しいと思っているはずです。なので、負担を減らすためにも葬儀業者は必要なのです。

葬儀は手ぶらでOK?

基本的には手ぶらでもOKですが、マナーとしてハンカチは持っておきましょう。また香典もくしゃくしゃにしているとマナー違反なので、綺麗な状態で持っておくことがベストです。では下記にて葬儀で最も必要な物をリストアップしておきますね。

葬儀で必要な持ち物リスト!

  • ふくさ
  • てぶくろ

葬儀は子が行う最後の親孝行

故人が亡くなることはツライです。でも、葬儀は人生の卒業式とも言われています。生まれて、結婚して子供ができ、仕事をして家庭を支えたり、家事で家族を過ごしやすくしていたりと、親は子のために頑張ってきました。入学式のときに親は子に綺麗な服で式を参加させるのと同じ様に、子も親の人生の卒業式なら綺麗な姿でおくりましょう。それが最後の親孝行になりますよ。

[PR]

東大阪で家族葬の手続き
安心の制度を確認!

世田谷で葬儀の相談
安心して任せることが出来る

宮前区で評判の高い葬儀会社
専任スタッフが親身に対応してくれる

奈良で葬儀を頼もう
サポート体制が万全

葬儀なら横浜の会社に依頼しよう
最良のプランを提供してくれる

葬儀業者を利用した方の声

おばあちゃんの時からお世話になった

私が成人したころに、おばあちゃんは他界しました。その時に葬儀業者に依頼したおかげで、スムーズに式をすすめめられました。それから何十年も過ぎて、母が他界。その時も同じ葬儀業者に依頼しました。おばあちゃん同様に母の葬式も何もトラブルなく行えました。親切丁寧な業者で、本当に良かったです。

亡くなった父が生前行なっていたこと

去年、父が亡くなりました。喪主をすることは初めてなのでどうしようかと思っていましたが、父が生前残していたエンデイングノートには葬儀業者のことが書かれていました。その業者に連絡すると喪主がすることから葬儀準備全て行なってくれたんです。ちなみにエンデイングノートの最後には「何もわからん息子なので、業者さんよろしくお願いします」と書かれていました。そこまでお見通しの父にもびっくりですが、丁寧な対応をしてくれた葬儀業者には感謝しかありません。

葬儀後もとても親切

妻が他界して、墓と霊園を探さないといけなくなり、葬儀業者に相談した所、細かくアドバイスしてくれて、しかも霊園も近くで探してくれたのでとても助かりました。葬儀が終わればそれっきりと思っていたので、こんなにも親切だと嬉しいの一言です。

葬儀はやることが多くて大変。

先日、母が他界しました。葬儀業者に申請手続きや葬儀の準備を依頼していたので、とても楽でした。以前おじいちゃんが亡くなった時に、両親は葬儀や手続きやらで、ドタバタしていました。本当に大変だったので葬儀業者に前もってお願いしてよかったです。

式場を綺麗に設営

葬式の予算が少なく、家族葬で費用を抑えました。でも少ない予算の中で綺麗で予算以上の価値のある式場に設営してくれました。父も喜んでいるでしょう。ありがとうございました。

大変なときこそ業者を利用する

このように、大切な人が亡くなってしまった場合葬儀をしますが、その時は葬儀業者にほとんどの方々が依頼をしています。残された遺族は何かとやることが多く、余裕がないものです。そのため、葬儀業者に頼ってきちんと後悔しないように最後のお別れをしていきましょう。また、業者に依頼するときに分からないことがあるかと思います。そんなときは、前もって疑問に思っていることを調べておくといいでしょう。

葬儀業者についての質問コーナー!

葬式業者の種類は?

葬儀業者は基本的は2種類あります。民間の葬儀社と自治体で葬儀のサービスを受けられます。民間の葬儀業者は様々なサービスがありますが、自治体の場合は各場所で内容が変わります。

葬儀業者の選び方のポイントは?

大きなポイントが3つあります。1つ目が対応が丁寧。2つ目が費用やサービスの詳しい説明をしてくれる。3つ目が葬式ディレクターの資格を持っているのか。この3つが良い業者を探すポイントになります。

葬儀の打ち合わせは何を聞くの?

打ち合わせには、受付係を決める、席次の確認、司会進行について、火葬の打ち合わせ、お供え物や供花について、あとはお布施などについてです。その他にも、細かなことを決めていくため、打ち合わせをすることで葬儀をスムーズに行うことができます。

葬儀を行うためには

葬儀は自分達で行うよりも葬儀業者に依頼することが良いです。依頼することで、他のことに専念できます。また精神的にもツライ状況なので、負担軽減にも繋がりますよ。だから葬儀業者に依頼することが大事なのです。

[PR]

広告募集中